AGA治療は発毛効果のあるミノキシジルも良い

AGA治療は発毛効果のあるミノキシジルも良い

AGA治療では発毛効果のあるミノキシジルがよく使われています。 これは成分名であり、実際に使用するときはこれが含まれている外用薬を頭皮に塗るか、タブレットの服用の2種類があります。 外用薬は国内で認可されている製品もあるので、医療機関で処方してもらうだけでなく、ドラッグストアで購入できるものもあるので手軽です。 タブレットは未認可なので、一部のAGA治療専門のクリニックで処方してもらうか個人輸入代行を使って購入できます。 ミノキシジルの発毛の仕組みは完全に解明されていませんが、血管が拡張して血流が良くなることや、毛包に作用して細胞の増殖やたんぱく質の合成が促進されて薄毛が改善するものと考えられています。 ミノキシジルも初期脱毛と呼ばれる、使い始めてから2週間ほど経過したときに脱毛が増える現象が起きますが、これは効果が出ている証拠なので驚いて中止しないようにしましょう。 ヘアサイクルが正常化したことで新しい毛が作られて古い毛が押し出され、脱毛が起きます。 実際には同時に発毛していますが、伸びるまでに時間がかかるので、一時的に以前よりも毛が減ったように見える現象です。 完全に入れ替われば治まるもので、個人差はありますが長くても2か月程度です。 ただし、ミノキシジルや外用薬に含まれている他の成分が肌に合わないことで脱毛が起きる場合もあるので、いつまでも治まらない場合は医師に相談しましょう。 頭皮に痒みや肌荒れなどの症状がある場合は肌に合っていないことの目安になります。 外用薬は頭皮に塗って浸透させるものなので、あまり効果がないと感じる人もいます。 そのため、高い効果を得るために内服薬のタブレットを使用する人も多いです。 血液を通して成分が行き渡るため、薄毛の改善効果が高くなると同時に副作用の危険性も高くなるので、使用方法には注意が必要です。 服用して異常を感じたときはすぐに利用を中断して医師に相談すると良いでしょう。 ミノキシジルの効果が出る正しい使用方法とは? ミノキシジルを外用薬で使用する場合には、頭皮に塗るので毛穴が皮脂で詰まっていると吸収効率が悪くなります。 使用前にシャンプーで頭皮を洗浄してから清潔にしておくと効果が高まります。 塗ってから浸透するまでには時間がかかるので、すぐに拭き取ってしまうと意味がないので注意しましょう。 用法・用量も医師やメーカーの指示を守る必要があります。 様々な成分が含まれているので、適量であれば安全であっても、過度に使用すると頭皮が荒れて脱毛を引き起こしたり、体調を崩す恐れがあります。 多く塗れば効果が高くなるわけではありません。 外用薬は個人輸入代行で購入できるものもありますが、国内で認可されているものを使用するのが無難です。 説明が日本語で記載されているので分かりやすく、使っていて副作用が出た場合でも公的な救済制度が受けられるので安心して利用できます。 海外の製品では説明が分からなかったり、救済制度を受けられないなどの問題があります。 内服薬であるミノキシジルタブレットは、正しい使用法という観点であれば使うことが間違いです。 国内で認可されていない薬ですが、海外でも降圧剤に使われるもので薄毛治療のために開発された薬ではありません。 降圧剤の副作用である発毛効果を用いるものなので、血圧に異常がある人が使用するのは危険です。 それでもミノキシジルタブレットで薄毛治療を行うのであれば、AGA専門クリニックで使い方の指導を受けるのが適切です。 前述のようにこれは降圧剤なので、薬に記載されている使用方法は高血圧の治療が前提になっており、薄毛治療のものではありません。 また、個人輸入代行を利用すると偽物を購入してしまう危険性もあります。 そのため、個人の判断だけで使用するのはやめた方が安全です。

女性の薄毛はどのように治療をする?

女性の薄毛はどのように治療をする?

女性で薄毛に悩む人が増えているようです。 女性の薄毛の原因は、結婚や出産といったライフイベント、更年期などの世代によってそれぞれ特徴があります。 比較的若い20代~30代は、食事や栄養摂取の知識不足からくる過度なダイエットが原因となる薄毛が多いそうです。 育毛に良いとされるたんぱく質や亜鉛、ビタミンB群を摂取できるようバランスのとれた食生活を送ることや、適度な運動で汗をかくこと、ストレスをなくし血の巡りを良くすることも大切です。 出産を経験した女性は、ホルモンバランスの乱れによる体調不良や、夜泣きなど赤ちゃんに合わせる生活リズムによる不規則な生活が続くことが原因で薄毛を発症して、悩む人も多いです。 その他、髪の長い女性は、ポニーテールなどずっと同じまとめ方をしていると、同じ一定方向に引っ張られることになり、その引っ張り度合が強いと前髪や生え際が薄くなり、しまいには生えてこなくなる場合があります。 これを牽引性脱毛症といいます。 髪の毛の分け目を定期的に変えた方が良いと言われているのはこのタイプの薄毛から髪を守るためです。 もつれているのに、無理にブラシやクシで梳かしたり、髪の生え際に細工する髪のエクステも強く髪を引っ張る原因となりえますので、髪が抜けやすくなり女性の薄毛を引き起こすことがあります。 髪の毛は長く伸ばすと絡まりやすいので、短くして優しく丁寧に扱うようにふだんから心がけましょう。 女性は年代を問わず、おしゃれや美容のためのパーマやカラーリングをしますが、髪の根元についた薬剤が体質に合わない場合などには、繰り返し行う過度なヘアケアは頭皮への刺激になります。 きれいになろうとおしゃれをすることが、薄毛の原因となるのは本末転倒だと思いますので、頭皮や髪の様子を見ながら適度に行っていきたいものです。 いつもの生活習慣を見直すことが女性の薄毛を治す基本になりますが、体に負担のない、東洋医学に基づく鍼治療で時間をかけて薄毛を治していく人もいるそうです。 女性が薄毛の症状に気づいたら病院の何科へ行くべき? 女性の薄毛専用治療のクリニックがあります。 以前は男性向けがほとんどでしたが、最近では都市部へ行くと多くあります。 男性向けのクリニックと比べると女性の薄毛治療クリニックはまだまだ数少ない気がします。 女性の場合、世代や年代によって薄毛の原因も様々なので、例えば出産後のホルモンの影響と考えられるなら、産婦人科で産後の他の検査をする時に合わせて相談してみることができると思います。 何らかの頭皮の異常(フケやかゆみ、できものなど)をともなっているのであれば皮膚科、精神的ストレスからの薄毛と考えられ、うつや神経症などで精神科に既にかかっている人はそこで相談することになります。 また、薄毛の悩みが多い更年期の女性は、女性ホルモン「エストロゲン」が著しく減少しています。 ベットや洗面所の床に抜け落ちた毛が多く、ショックを受けた人も多いと思います。 ハリやコシがなくなり、細ってくるのでなんとかしなければと考える人も多く、この世代の人向けの薄毛を治せる育毛エッセンスなども多く販売されているのを見かけます。 女性の薄毛の症状はすぐに表れるものではなく、少しずつ全体的に髪の量が減り、髪のハリやコシがなくなり進行します。 はじめは、髪が細ってきたな、と感じるだけでも、気になり始めて薄毛の症状がひどくなると精神的にも良くないので、あまり気にしないようにするのが大切です。 治し方としては、まずは食生活をはじめ、運動や睡眠など規則正しい生活ができているか見直してみることです。 飲酒や喫煙、肩こりなど、夏場などは特に、強い紫外線も刺激になりますので、帽子や日傘で対策をすることが重要です。 女性の薄毛治療クリニックか、皮膚科にあらかじめ電話をして、悩んでいる症状を伝えて、診てくれるかどうかを確認したうえで予約をして診察してもらうのが良いでしょう。 薄毛の原因に、何かの病気が絡んでいる場合は病院での治療になりますし、薄毛の「症状」を改善したいのであれば、薄毛治療クリニックで診てもらうことになります。 その違いを知った上で、電話やカウンセリングで丁寧に質問に答えてくれる所を探してみることです。 自分の症状や性格にぴったりの治療を受けることで、必ず治せる症状だと思いますので、あきらめずクリニック・病院を探して自分に合った治し方を模索していくことです。

AGAの原因について紹介

AGAの原因について紹介

ある日、鏡の中の自分の頭髪がハゲている事に気付きショックを受ける男性は珍しくありません。 頭髪が薄くなりハゲてしまう要因は、ストレスや生活習慣の拙さといった要因も考えられます。 ですが30代の前後位の年齢で明らかに頭髪がハゲて来ている場合は、AGAが発症した可能性が高いので注意が必要です。 AGAによる薄毛が厄介なのは、人間が持つ自然治癒力では対処が期待出来ない事です。 お陰で薄毛に気付きながら放置していると、改善される見込みはないだけではありません。 症状が進行してしまい、よりハゲが目立つ様になるので厄介です。 なので万が一、AGAが発症して頭髪が薄くなって来たら出来るだけ早く対処する事が重要です。 そんなAGAは、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなって行くのが特徴です。 しかも最終的には脱毛してしまうので額の生え際が後退したり、頭頂部の地肌が目立つ様になってしまうのが典型的な症状と言えます。 AGAが原因の薄毛は進行性なので改善は勿論、症状を食い止めるにも何らかの対処が必要です。 気になるのが、AGAの症状が引き起こされてしまう原因だったりします。 この症状は遺伝や男性ホルモンに加え、生活習慣等の要因が絡まり合う事で発症するのが基本です。 もっともその中でも最も大きな原因と考えられるのが、男性ホルモンによる影響です。 テストステロンは、身体付きや体毛に作用して男性らしさを高める働きを行う男性ホルモンの1種です。 このテストステロンは誰の身体の中にも分泌されており、存在している事自体は特に問題はありません。 ですがテストステロンが血液によって全身を巡っている最中に、その1部が毛頭細胞に取り込まれると問題が生じるので厄介です。 そこでテストステロンはDHTに変換されてしまい、これが毛頭細胞内の受容体に結び付くと細胞の自然死を促すシグナルを出します。 お陰で毛周期が退行期へと誘導されてしまう事で、AGAの症状が発症してしまうという仕組みです。 DHTの抑制方法には何がある? AGAが生じてしまう主な原因は、DHTにあります。 つまりこのDHTを抑制する方法があれば、薄毛の進行を止めたり改善する事が可能です。 気になるのが、DHTの抑制を行う方法が存在しているかどうかです。 DHTを抑制するためには、生成を抑えなければなりません。 そして生成を抑える方法は、薬による抑制という方法が有効的です。 具体的な方法としてはAGA治療を実施しているクリニックに行き、医師による診察を受けた後にDHTの生成を抑制出来る薬を処方して貰う事が出来ます。 生成を抑制する方法は他にも、ノコギリヤシによる抑制という方法も有効的です。 そもそもDHTは、テストステロンとII型の5α-リダクターゼとが結び付く事で生成されてしまいます。 ノコギリヤシの果実には脂肪酸が多く含まれているため、II型の5α-リダクターゼの働きを抑える効果が期待可能です。 ただしノコギリヤシは国内の医薬品には用いられていないので、サプリメントとして入手する必要があります。 イソフラボンや亜鉛を摂取する事で、II型の5αリダクターゼのはたきを抑える事が可能です。 なので食事でこの2つの栄養素を意識して摂取する事によっても、DHTの抑制へと繋げる事が出来ます。 或いはイソフラボンや亜鉛を含んだサプリを摂取するという方法であれば、手軽に実行する事が可能です。 DHTの抑制方法としては、生活習慣の見直しも有効的だったりします。 テストステロンの増減の影響によりDHTの生成が進んでいる場合には、生活習慣を改善する事で正常な状態に戻す事が可能です。… Read more

AGAに悩んだらフィンペシアで解決!

AGAに悩んだらフィンペシアで解決!

AGAに悩んだときはフィンペシアを使って解決することを考えると良いでしょう。 この薬は医療機関で処方されるAGAの治療に効果的とされているプロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドを同量含んでいるものなので、効果も期待できます。 服用方法も注意点も同じであるため、基本的に同じ感覚で使用できます。 プロペシアではなくフィンペシアを利用する理由は薬の価格の違いです。 先発医薬品であるプロペシアは開発費がかかっているので薬の費用も高くなっており、長期的に使用したときの金銭面での負担が大きいです。 しかし、フィンペシアは開発費がほとんどかかっていないので大幅に安くなっている特徴があります。 プロペシアは現在はまだ特許が切れていないので、通常はメーカーに使用料を一切支払わずにジェネリックを製造することは認められていません。 しかし、フィンペシアの製薬会社はインドにあり、以前は成分の特許を認めていなかったので特許の切れる前の薬を製造できるので、正式なジェネリックではないことが価格の安さになっています。 国内の事情であっても、特許を無視して製造されていると考えると品質に不安がありますが、この会社は様々なジェネリックを製造しており、世界中で使用されている実績があります。 有効成分が同じであることは確認されており、利用者の多くもプロペシアと同じ効果を感じているので安心です。 なお、正式なジェネリックではないので国内では未承認になっていることには注意が必要です。 AGA専門のクリニックでは処方してもらえる場合もありますが、一般的な購入方法は個人輸入代行の通販サイトを利用します。 通販サイトを利用する場合には騙されて偽物を買ってしまう危険性があるので、信用できるサイトであるのか慎重に調べましょう。 偽物を使うとフィンペシアの服用では発生しないような副作用が出ることも考えられます。 異常を感じたときはすぐに医師に相談しましょう。 フィンペシアの副作用について AGAの治療薬であるプロペシアと有効成分が同じであるフィンペシアは同じ効果が期待できますが、副作用でも同じことが言えるので、服用方法は必ず守って使わないと危険です。 有効成分のフィナステリドはAGAの治療で使う場合、1日の摂取上限は1mgであり、これを超えて服用すると副作用が出る確率が高くなります。 副作用には勃起不全や性欲の減退などの男性機能の障害や、乳房の女性化、肝機能障害などが知られています。 発生率は高くないので、服用方法を守っていればそれほど心配はありません。 ただし、個人差はあるので摂取量を守っていても異常が出ることがあります。 そのときはすぐに利用を中止します。 副作用の中で、肝機能障害はフィンペシアの由来のものではなく、普段の生活習慣や内服薬を使用した場合に起きるものです。 有効成分は肝臓で代謝してから使用されるので、内服薬を使用すると負担をかけることは避けられません。 他にも薬を服用していたり、アルコールを飲んでいる、肥満などで脂肪肝になっているなど、他にも負担をかける要因があると耐えられなくなって肝機能障害が起きる危険性があります。 フィンペシアを服用する前に血液検査で既存の症状を調べておくと安全です。 フィナステリドは体質によって効き目がない場合がありますが、前述のように1日の摂取上限があるので効かないからと過剰に服用するのはやめましょう。 この場合は医療機関で遺伝子検査をして効果のある体質であるのか確認すると良いです。 また、うっかり服用を忘れてしまった日があった場合にも、数日分をまとめて服用するのは適切ではありません。 上限値は1日当たりのものであり、平均値ではないのでまとめて一度に飲もうとすると摂取上限を超過する場合があります。

市販の育毛剤でおすすめはある?

市販の育毛剤でおすすめはある?

市販の育毛剤の中で厳選した、効果が実感できるおすすめのものをご紹介していきます。 育毛剤の効果は3ヶ月から6ヶ月間使い続けて、やっと効果が実感できることが多いです。 そのため根気強く使用を続けることが望ましいです。 市販の中でもスカルプジェットは、効果を実感できる人が多い育毛剤です。 シャンプーに加えて発毛を促進する働きを促してくれる育毛剤になります。 スカルプジェットはスカルプポリマーで頭皮をしっかりと導いてくれ、カッコンエキスが配合されているので、頭皮環境を改善してボリュームのある頭皮を期待できます。 価格は3000円程となっていて、その効果が期待できそうです。 アデノゲンEXはアデノシンの成分が血行促進と、新しい発毛促進を促し、髪を太く強く育ててくれる効果があると言われています。 アデノゲンEXで悪くなった血行が原因で薄くなった頭皮をフサフサに導いてくれます。 こちらの商品の価格や2000円程となっているため、低価格で長期間使用しやすいのが特徴です。 モウガは生薬で、長年の生薬研究から開発され薄毛になることを予防して、新しい発毛を促進します。 防腐剤や香料は使用されていないモウガなら、安心して頭皮に使うことができおすすめします。 有効成分は100パーセント生薬になっていて、フケや痒みも防ぐことができます。 価格は2500円ほどになっています。 生薬成分で安心して使用できるならお手頃価格と言えます。 サクセスバイタルチャージは薄くなった頭皮をt-フラバノンという成分が毛根に直接効果を促してくれます。 サクセスバイタルチャージには、液ダレ防止が配合されていて頭皮の気になる部分に長く留まり作用します。 気になるフケや痒みを防ぐ効果もあり、頭皮には嬉しい効果が満載の育毛剤です。 価格は2000円程と低価格で購入しやすいため、長く使いやすいです。 育毛剤は自分に合う成分かどうかを見極めて、長く使用することが望ましいです。 頭皮に合わないと感じたらすぐに使用を止める 育毛剤を使用していて、痒みを防ぐ効果があると書いてあるのに余計痒みを感じたことはありませんか?自分に合わない育毛剤を使用し続けると、頭皮にトラブルが発生することがあります。 使用して違和感がある場合、すぐにでも使用を止めることをおすすめします。 では何故頭皮に良い影響を与えてくれる育毛剤を使っているのに、トラブルが発生するのでしょうか。 考えられる原因として、いくつかご説明します。 ほとんどの育毛剤は、頭皮環境が清潔な状態で使われることを前提として作られています。 そのためフケやゴミなどが付着している状態で使うと、効果も半減しトラブルの原因ともなることがあります。 そして自分に合わない育毛剤を使用し続けると、フケや痒みなどのトラブルが進行してしまいます。 また育毛剤の成分が自分の肌に合わずに、刺激が強すぎるものであれば肌が弱い人は炎症を起こしてしまいます。 頭皮や髪にはいいとされている成分ですが、すべての人の肌に合うというものではないのです。 そして頭皮環境への効果が高い育毛剤の中には、頭皮や髪に与える環境が強いものもあります。 育毛剤には様々な種類の成分が配合されているので、購入する前には成分はしっかりと確認しておくのが大切です。 またまれに育毛剤以外でもトラブルが起こる場合があります。 その代表的な例としてはストレスや、頭皮の乾燥などが考えられます。… Read more

おすすめの育毛剤をご紹介!

おすすめの育毛剤をご紹介!

髪の毛は状態により大きく変化します。 脱毛してはげてしまう状態は高齢の方に多いですが、最近は20代でもはげてしまう人がいるので注意しましょう。 これはAGAと呼ばれる症状で生活習慣や遺伝により発生します。 思春期以降の男性に多く見られるもので生え際や後頭部が薄くなってしまう現象です。 基本的にAGAは放っておいても治るものではなくどんどん進行していく厄介な症状となっています。 早期改善をすることが望ましいAGAは育毛剤を使うのが理想的です。 育毛剤は頭皮と毛根に栄養を与える事ができる商品でこしのある太い髪の毛にすることができます。 加えて生活習慣の見直しをすると改善できる可能性が高いです。 脱毛部にはジヒドロテストステロンが高濃度でみられ、髪の毛のヘアサイクルを短くする場合があり、その結果、髪の毛が成長する時期が短くなってしまい、生えてもすぐに脱毛してしまうため剥げが進行してしまうのが原因です。 このジヒドロテストステロンを抑制することがAGA改善への近道なので覚えておくといいでしょう。 別名悪玉男性ホルモンとも呼ばれるもので精巣から分泌される男性ホルモンテストステロンと血液中にある還元酵素5αリダクターゼが結合して発生します。 性器の成長や体毛を濃くする作用を持つもので男性らしい見た目にする事ができるのが特徴です。 市販の育毛剤を使うと栄養を与える事ができるのですが、これだけでは効果的な改善は難しいと言えます。 やはりクリニックに行って医師から専用の薬をもらうことがAGA改善への近道なのでおすすめです。 一番効果的と言われているのがプロペシアと呼ばれる医薬品で一般には販売されていません。 基本的に病院でもらうことができるAGA改善薬なので知っておくといいでしょう。 基本的にプロペシアは保険適用外の医薬品なのですべて自己負担となっています。 またクリニックにより販売価格も違っているので調べてから利用するのが得策です。 次の段落ではプロペシアの具体的な効果を紹介します。 確実な育毛効果を実感するならプロペシア 数ある育毛剤の中でもおすすめなのがプロペシアで、これは男性ホルモンテストステロンが脱毛の原因であるジヒドロテストステロンに変化する症状を抑えられるのが特徴です。 こうすることで脱毛を防ぎAGAの予防や進行を食い止める事ができるので必携とも言えます。 1997年にアメリカのFDAで認可を受けている安全なもので世界的にも利用されているのが強みです。 プロペシアを服用するなら成分についても知っておくといいでしょう。 主な主成分はフィナステリドで、他にもカルナウバロウやミニ酸化鉄といった添加物も含まれています。 フィナステリドはAGAの治療だけでなく前立腺肥大症にも効果を持つもので、もともとこちらの症状を改善するために製造されているのが特徴です。 その後の研究で男性型脱毛の改善にも効果を期待できたので使われ始めました。 具体的な効果はフィナステリドを服用すると5αリダクターゼ2型を抑えることができ、結果的にDHTが存在しなくなります。 これにより髪の毛に影響が出ず正常なヘアサイクルに戻せるのが特徴です。 プロペシアは服用すると初期脱毛が発生するので予め知っておくと驚かずに済むでしょう。 これは新しい髪の毛に入れ替えるための薬の作用であって、通常の脱毛とは異なります。 古い髪の毛は押し出され、結果的に今ある髪の毛が短期間で抜け落ちる初期脱毛が発生する仕組みです。 正常なヘアサイクルに戻すための作業なので、あまり気にする必要はありません。 注意しなくてはいけない点は頭痛や目眩、下痢といった副作用が発生するかもしれないということです。… Read more