AGA治療は発毛効果のあるミノキシジルも良い

AGA治療では発毛効果のあるミノキシジルがよく使われています。 これは成分名であり、実際に使用するときはこれが含まれている外用薬を頭皮に塗るか、タブレットの服用の2種類があります。 外用薬は国内で認可されている製品もあるので、医療機関で処方してもらうだけでなく、ドラッグストアで購入できるものもあるので手軽です。 タブレットは未認可なので、一部のAGA治療専門のクリニックで処方してもらうか個人輸入代行を使って購入できます。 ミノキシジルの発毛の仕組みは完全に解明されていませんが、血管が拡張して血流が良くなることや、毛包に作用して細胞の増殖やたんぱく質の合成が促進されて薄毛が改善するものと考えられています。 ミノキシジルも初期脱毛と呼ばれる、使い始めてから2週間ほど経過したときに脱毛が増える現象が起きますが、これは効果が出ている証拠なので驚いて中止しないようにしましょう。 ヘアサイクルが正常化したことで新しい毛が作られて古い毛が押し出され、脱毛が起きます。 実際には同時に発毛していますが、伸びるまでに時間がかかるので、一時的に以前よりも毛が減ったように見える現象です。 完全に入れ替われば治まるもので、個人差はありますが長くても2か月程度です。 ただし、ミノキシジルや外用薬に含まれている他の成分が肌に合わないことで脱毛が起きる場合もあるので、いつまでも治まらない場合は医師に相談しましょう。 頭皮に痒みや肌荒れなどの症状がある場合は肌に合っていないことの目安になります。 外用薬は頭皮に塗って浸透させるものなので、あまり効果がないと感じる人もいます。 そのため、高い効果を得るために内服薬のタブレットを使用する人も多いです。 血液を通して成分が行き渡るため、薄毛の改善効果が高くなると同時に副作用の危険性も高くなるので、使用方法には注意が必要です。 服用して異常を感じたときはすぐに利用を中断して医師に相談すると良いでしょう。 ミノキシジルの効果が出る正しい使用方法とは? ミノキシジルを外用薬で使用する場合には、頭皮に塗るので毛穴が皮脂で詰まっていると吸収効率が悪くなります。 使用前にシャンプーで頭皮を洗浄してから清潔にしておくと効果が高まります。 塗ってから浸透するまでには時間がかかるので、すぐに拭き取ってしまうと意味がないので注意しましょう。 用法・用量も医師やメーカーの指示を守る必要があります。 様々な成分が含まれているので、適量であれば安全であっても、過度に使用すると頭皮が荒れて脱毛を引き起こしたり、体調を崩す恐れがあります。 多く塗れば効果が高くなるわけではありません。 外用薬は個人輸入代行で購入できるものもありますが、国内で認可されているものを使用するのが無難です。 説明が日本語で記載されているので分かりやすく、使っていて副作用が出た場合でも公的な救済制度が受けられるので安心して利用できます。 海外の製品では説明が分からなかったり、救済制度を受けられないなどの問題があります。 内服薬であるミノキシジルタブレットは、正しい使用法という観点であれば使うことが間違いです。 国内で認可されていない薬ですが、海外でも降圧剤に使われるもので薄毛治療のために開発された薬ではありません。 降圧剤の副作用である発毛効果を用いるものなので、血圧に異常がある人が使用するのは危険です。 それでもミノキシジルタブレットで薄毛治療を行うのであれば、AGA専門クリニックで使い方の指導を受けるのが適切です。 前述のようにこれは降圧剤なので、薬に記載されている使用方法は高血圧の治療が前提になっており、薄毛治療のものではありません。 また、個人輸入代行を利用すると偽物を購入してしまう危険性もあります。 そのため、個人の判断だけで使用するのはやめた方が安全です。