Monthly Archive: 2018-July

AGAの原因について紹介

AGAの原因について紹介

ある日、鏡の中の自分の頭髪がハゲている事に気付きショックを受ける男性は珍しくありません。 頭髪が薄くなりハゲてしまう要因は、ストレスや生活習慣の拙さといった要因も考えられます。 ですが30代の前後位の年齢で明らかに頭髪がハゲて来ている場合は、AGAが発症した可能性が高いので注意が必要です。 AGAによる薄毛が厄介なのは、人間が持つ自然治癒力では対処が期待出来ない事です。 お陰で薄毛に気付きながら放置していると、改善される見込みはないだけではありません。 症状が進行してしまい、よりハゲが目立つ様になるので厄介です。 なので万が一、AGAが発症して頭髪が薄くなって来たら出来るだけ早く対処する事が重要です。 そんなAGAは、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に細くなって行くのが特徴です。 しかも最終的には脱毛してしまうので額の生え際が後退したり、頭頂部の地肌が目立つ様になってしまうのが典型的な症状と言えます。 AGAが原因の薄毛は進行性なので改善は勿論、症状を食い止めるにも何らかの対処が必要です。 気になるのが、AGAの症状が引き起こされてしまう原因だったりします。 この症状は遺伝や男性ホルモンに加え、生活習慣等の要因が絡まり合う事で発症するのが基本です。 もっともその中でも最も大きな原因と考えられるのが、男性ホルモンによる影響です。 テストステロンは、身体付きや体毛に作用して男性らしさを高める働きを行う男性ホルモンの1種です。 このテストステロンは誰の身体の中にも分泌されており、存在している事自体は特に問題はありません。 ですがテストステロンが血液によって全身を巡っている最中に、その1部が毛頭細胞に取り込まれると問題が生じるので厄介です。 そこでテストステロンはDHTに変換されてしまい、これが毛頭細胞内の受容体に結び付くと細胞の自然死を促すシグナルを出します。 お陰で毛周期が退行期へと誘導されてしまう事で、AGAの症状が発症してしまうという仕組みです。 DHTの抑制方法には何がある? AGAが生じてしまう主な原因は、DHTにあります。 つまりこのDHTを抑制する方法があれば、薄毛の進行を止めたり改善する事が可能です。 気になるのが、DHTの抑制を行う方法が存在しているかどうかです。 DHTを抑制するためには、生成を抑えなければなりません。 そして生成を抑える方法は、薬による抑制という方法が有効的です。 具体的な方法としてはAGA治療を実施しているクリニックに行き、医師による診察を受けた後にDHTの生成を抑制出来る薬を処方して貰う事が出来ます。 生成を抑制する方法は他にも、ノコギリヤシによる抑制という方法も有効的です。 そもそもDHTは、テストステロンとII型の5α-リダクターゼとが結び付く事で生成されてしまいます。 ノコギリヤシの果実には脂肪酸が多く含まれているため、II型の5α-リダクターゼの働きを抑える効果が期待可能です。 ただしノコギリヤシは国内の医薬品には用いられていないので、サプリメントとして入手する必要があります。 イソフラボンや亜鉛を摂取する事で、II型の5αリダクターゼのはたきを抑える事が可能です。 なので食事でこの2つの栄養素を意識して摂取する事によっても、DHTの抑制へと繋げる事が出来ます。 或いはイソフラボンや亜鉛を含んだサプリを摂取するという方法であれば、手軽に実行する事が可能です。 DHTの抑制方法としては、生活習慣の見直しも有効的だったりします。 テストステロンの増減の影響によりDHTの生成が進んでいる場合には、生活習慣を改善する事で正常な状態に戻す事が可能です。… Read more

AGAに悩んだらフィンペシアで解決!

AGAに悩んだらフィンペシアで解決!

AGAに悩んだときはフィンペシアを使って解決することを考えると良いでしょう。 この薬は医療機関で処方されるAGAの治療に効果的とされているプロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドを同量含んでいるものなので、効果も期待できます。 服用方法も注意点も同じであるため、基本的に同じ感覚で使用できます。 プロペシアではなくフィンペシアを利用する理由は薬の価格の違いです。 先発医薬品であるプロペシアは開発費がかかっているので薬の費用も高くなっており、長期的に使用したときの金銭面での負担が大きいです。 しかし、フィンペシアは開発費がほとんどかかっていないので大幅に安くなっている特徴があります。 プロペシアは現在はまだ特許が切れていないので、通常はメーカーに使用料を一切支払わずにジェネリックを製造することは認められていません。 しかし、フィンペシアの製薬会社はインドにあり、以前は成分の特許を認めていなかったので特許の切れる前の薬を製造できるので、正式なジェネリックではないことが価格の安さになっています。 国内の事情であっても、特許を無視して製造されていると考えると品質に不安がありますが、この会社は様々なジェネリックを製造しており、世界中で使用されている実績があります。 有効成分が同じであることは確認されており、利用者の多くもプロペシアと同じ効果を感じているので安心です。 なお、正式なジェネリックではないので国内では未承認になっていることには注意が必要です。 AGA専門のクリニックでは処方してもらえる場合もありますが、一般的な購入方法は個人輸入代行の通販サイトを利用します。 通販サイトを利用する場合には騙されて偽物を買ってしまう危険性があるので、信用できるサイトであるのか慎重に調べましょう。 偽物を使うとフィンペシアの服用では発生しないような副作用が出ることも考えられます。 異常を感じたときはすぐに医師に相談しましょう。 フィンペシアの副作用について AGAの治療薬であるプロペシアと有効成分が同じであるフィンペシアは同じ効果が期待できますが、副作用でも同じことが言えるので、服用方法は必ず守って使わないと危険です。 有効成分のフィナステリドはAGAの治療で使う場合、1日の摂取上限は1mgであり、これを超えて服用すると副作用が出る確率が高くなります。 副作用には勃起不全や性欲の減退などの男性機能の障害や、乳房の女性化、肝機能障害などが知られています。 発生率は高くないので、服用方法を守っていればそれほど心配はありません。 ただし、個人差はあるので摂取量を守っていても異常が出ることがあります。 そのときはすぐに利用を中止します。 副作用の中で、肝機能障害はフィンペシアの由来のものではなく、普段の生活習慣や内服薬を使用した場合に起きるものです。 有効成分は肝臓で代謝してから使用されるので、内服薬を使用すると負担をかけることは避けられません。 他にも薬を服用していたり、アルコールを飲んでいる、肥満などで脂肪肝になっているなど、他にも負担をかける要因があると耐えられなくなって肝機能障害が起きる危険性があります。 フィンペシアを服用する前に血液検査で既存の症状を調べておくと安全です。 フィナステリドは体質によって効き目がない場合がありますが、前述のように1日の摂取上限があるので効かないからと過剰に服用するのはやめましょう。 この場合は医療機関で遺伝子検査をして効果のある体質であるのか確認すると良いです。 また、うっかり服用を忘れてしまった日があった場合にも、数日分をまとめて服用するのは適切ではありません。 上限値は1日当たりのものであり、平均値ではないのでまとめて一度に飲もうとすると摂取上限を超過する場合があります。