おすすめの育毛剤をご紹介!

髪の毛は状態により大きく変化します。 脱毛してはげてしまう状態は高齢の方に多いですが、最近は20代でもはげてしまう人がいるので注意しましょう。 これはAGAと呼ばれる症状で生活習慣や遺伝により発生します。 思春期以降の男性に多く見られるもので生え際や後頭部が薄くなってしまう現象です。 基本的にAGAは放っておいても治るものではなくどんどん進行していく厄介な症状となっています。 早期改善をすることが望ましいAGAは育毛剤を使うのが理想的です。 育毛剤は頭皮と毛根に栄養を与える事ができる商品でこしのある太い髪の毛にすることができます。 加えて生活習慣の見直しをすると改善できる可能性が高いです。 脱毛部にはジヒドロテストステロンが高濃度でみられ、髪の毛のヘアサイクルを短くする場合があり、その結果、髪の毛が成長する時期が短くなってしまい、生えてもすぐに脱毛してしまうため剥げが進行してしまうのが原因です。 このジヒドロテストステロンを抑制することがAGA改善への近道なので覚えておくといいでしょう。 別名悪玉男性ホルモンとも呼ばれるもので精巣から分泌される男性ホルモンテストステロンと血液中にある還元酵素5αリダクターゼが結合して発生します。 性器の成長や体毛を濃くする作用を持つもので男性らしい見た目にする事ができるのが特徴です。 市販の育毛剤を使うと栄養を与える事ができるのですが、これだけでは効果的な改善は難しいと言えます。 やはりクリニックに行って医師から専用の薬をもらうことがAGA改善への近道なのでおすすめです。 一番効果的と言われているのがプロペシアと呼ばれる医薬品で一般には販売されていません。 基本的に病院でもらうことができるAGA改善薬なので知っておくといいでしょう。 基本的にプロペシアは保険適用外の医薬品なのですべて自己負担となっています。 またクリニックにより販売価格も違っているので調べてから利用するのが得策です。 次の段落ではプロペシアの具体的な効果を紹介します。 確実な育毛効果を実感するならプロペシア 数ある育毛剤の中でもおすすめなのがプロペシアで、これは男性ホルモンテストステロンが脱毛の原因であるジヒドロテストステロンに変化する症状を抑えられるのが特徴です。 こうすることで脱毛を防ぎAGAの予防や進行を食い止める事ができるので必携とも言えます。 1997年にアメリカのFDAで認可を受けている安全なもので世界的にも利用されているのが強みです。 プロペシアを服用するなら成分についても知っておくといいでしょう。 主な主成分はフィナステリドで、他にもカルナウバロウやミニ酸化鉄といった添加物も含まれています。 フィナステリドはAGAの治療だけでなく前立腺肥大症にも効果を持つもので、もともとこちらの症状を改善するために製造されているのが特徴です。 その後の研究で男性型脱毛の改善にも効果を期待できたので使われ始めました。 具体的な効果はフィナステリドを服用すると5αリダクターゼ2型を抑えることができ、結果的にDHTが存在しなくなります。 これにより髪の毛に影響が出ず正常なヘアサイクルに戻せるのが特徴です。 プロペシアは服用すると初期脱毛が発生するので予め知っておくと驚かずに済むでしょう。 これは新しい髪の毛に入れ替えるための薬の作用であって、通常の脱毛とは異なります。 古い髪の毛は押し出され、結果的に今ある髪の毛が短期間で抜け落ちる初期脱毛が発生する仕組みです。 正常なヘアサイクルに戻すための作業なので、あまり気にする必要はありません。 注意しなくてはいけない点は頭痛や目眩、下痢といった副作用が発生するかもしれないということです。… Read more